読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mick Radio Memo

名も無きオンラインラジオのお喋り&台本担当ミックの反省と、何でもないようなネタのメモ。

青い屋根の小さなおうち

 私がはじめた名も無きオンラインラジオ(長いので今後は774ラジオと言おう。なんか周波数みたいだ)の第1回放送は散々たるものだった。

 そもそも私は機械という機械に弱い。テレビを叩いて直すまではいかないが、精密機器を取り扱うには少々思考回路が雑すぎるのである。幸いにもこの馬鹿げたラジオに誘ってくれた相手(今後こちらも面倒なのでミッチーと呼ぶことにしよう)が、PC系統に精通していたため、全部を丸投げした。文字通り一切私は関わっていない。やったことといえばSkypeのオーディオ設定でマイク音量を調節したくらいだ。

 

 そういえば言い忘れていたが、私は相方であるミッチーの事を知らない。オンラインゲームで知り合い、Twitterという呟き垂流しSNSでよく唸っているのをお互い目撃して、ペラッペラで中身の無いふざけ合いをしただけの仲である。

今知っているお互いの共通点は

①同じゲームをやっている

②ゲームのキャラが同じ種族で同じジョブである

③中身の人間が同じ性別である

④お互いの好物がエビと甘くない出し巻き卵

その程度だ。

 

相手の境遇も住んでいるところも顔も本名も知らない。

未だに偶に(相手がもしもボイスチェンジャーを使っている日本語がペラペラなロシアンマフィアだったらどうしようか)と考えたりもする。

その場合は仕方がないので、カラシニコフの裁きの下5.45ミリ弾で殺してもらおう。

 

さて、冗談は程々にして、ミッチーに機器の整備等々をお願いしたので、自分は台本を書いた。ふざけた文章を書くのは嫌いじゃない。

 ただ、冒頭部にこんな文章をいれた。

モータウンレコードだって、最初は小さな青い屋根の家がスタジオだったんだから。」

 

 モータウンレコードと聞いてピンと来る人は、洋楽が好きな人か、「ドリームガールズ」という映画を見たことがある人かと思う。正直なところ私も洋楽には殆ど触れてこなかったので、CMや映画をドラマで流れるタイアップ曲が耳に残っている程度だ。仕事上の関係でモータウンレコードというレコード会社を知り、たまたまその日が業務に余裕があったのでWikipedia先生に聞いてみたのだ。モータウンレコードってなに?

そういえば、2013年のトニー賞のオープニングでもニール・パトリック・ハリス

Hats off to Berry Gordy. He runs Motown like a boss. He dominates Top Forty and he banged Diana Ross! He wrote his own libretto which is really kinda ballin'. He took every Motown classic and he said "Ah, put 'em all in." 

って歌ってた。

 

※見たことがない人は是非見てみてほしい。トニー賞っていうのは、アメリカのミュージカルの最高峰、ブロードウェイで上演された作品のナンバーワンを決める、舞台版アカデミー賞だと思ってもらっていいと思う。これがオープニングだなんて正直な信じたくない笑 

【歌詞感謝】トニー賞授賞式2013オープニング ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

結論から言ってしまえば、モータウンレコードとは「ベリー・ゴーディー・Jr.」っていう人が立ち上げたレコード会社で、全盛期の所属アーティストは、マイケル・ジャクソンを筆頭に、スティーヴィー・ワンダースプリームスダイアナ・ロス)、ライオネル・リッチー等々。

それまで、黒人といえばソウルミュージック。 魂の叫びみたいなシンプルでシブイ、いってみれば生活臭く暗い音楽ばっかりやってた黒人達が「俺達も世界的に受けるようなポップな音楽やろうぜっ」て始めた音楽がモータウンですってネットで調べたら書いてあった。

そんなスーパースター。そしてキングオブポップを生み出したレコード会社がモータウンレコードってところだったんです。そこは最初は小さな青い屋根の家の1階をスタジオにしていて、2階は住居スペースだったんだってさ。

別に私たちのラジオは世界の人に感銘を受けてもらおうとか、世界中にヒットするスーパースターになりたいとかそんな訳じゃないし、むしろ逆な位。大事にしてくれている身近な人達が1週間に一回でもくだらないことで笑ってくれたらいいなぁ、それだけのこと。それぞれの生活に疲れて帰ってきて、嫌なことも辛いことも上手くいかないことも沢山あるし、私たちだって苦しい毎日を送っているけれど、そのラジオの時間だけは、そんなことどうでもよくなるくらいしょうもない話が出来たらいいな。

そんな風に思う。

奇しくもラジオのブースをゲーム内に作ったんだけど、青い屋根の小さな家。最初から上手くいく訳ない。お金もない。実力もない。有るのは大事な仲間だけ。でもそれでいいじゃない。

そう。This is it.そうゆうこと。